Post-Head-bar工法(後施工プレート定着型せん断補強鉄筋)

Post-Head-bar工法(後施工プレート定着型せん断補強鉄筋)

既設鉄筋コンクリート構造物のせん断補強を、容易かつ経済的に実現できる革新的な耐震補強工法を開発しました。
北海道から沖縄まで全国で構造物の補強工法として採用されています。

Post-Head-bar工法の特長

  1. ① 両端の突起によって補強鉄筋先端の定着性が向上することにより地震時のせん断破壊に対する安全性が向上
  2. ② 補強対象が地中コンクリート構造物であっても周辺の地盤を掘削することなく内側から施工可能
  3. ③ 鉄筋を切断しない削孔法を確立
  4. ④ 比較的狭い空間でも諸条件を満たせば施工可能
  5. ⑤ 高性能の集塵機により施工中に粉塵が発生しない
  6. ⑥ 施工中の騒音・振動を抑制できるドリルを使用可能
  7. ⑦ 削孔速度が速いドリルを使用
Post-Head-bar工法の特長

Post-Head-barの施工手順

Post-Head-barの施工手順

Post-Head-barの仕様

使用できる鉄筋径・材質

Post-Head-bar仕様 適用鉄筋径 材質
① 片端矩形プレート型 D13~D32 SD345、SD390
② 両端円形プレート型 D13~D22
③ 片端矩形プレート・継手型
④ 両端円形プレート・継手型

公的認証

  1. ①(財)土木研究センター:建設技術審査証明(建技審証 第0522号)取得
  2. ② NETIS登録:KT-090022-VE

受賞歴

  1. ① 土木学会 2009年度技術開発賞受賞
  2. ② モノづくり推進会議 2010年超モノづくり部品大賞【生活関連分野】受賞

実 績

2018年4月1日現在 合計711件(施工中含む) 1,192,000本以上

対象施設 施工件数
道路・地下街 地下道・道路橋他 33件
浄化センター(ポンプ場含む) 最終沈殿池・ポンプ室他 361件
鉄道 地下駅舎・トンネル部他 10件
浄水場 配水池他 114件
水門 津波対策用防潮水門他 144件
排水機場 排水機場他 30件
排水路 地下排水路他 13件
発電所・プラント 貯水池・水路他 6件

施工状況写真

【トンネルの施工事例】

【トンネルの施工事例】

【水門の施工事例】

【水門の施工事例】

【橋梁の施工事例】

【橋梁の施工事例】

【基礎の施工事例】

【基礎の施工事例】

Top